ポケモンブログを書きたい

タイトルの通りです。

無敵の剣舞地震でなんとかしてくださいよォーーッ!!

f:id:tak820:20170821000416p:plain
僕はガブリアスが好きです。洗練されたフォルムや種族値、戦うために産まれた闘争の申し子、的な。

第4、5世代の彼はどちらかと言うと『嫌われもの』のイメージがあったでしょうか?主に砂隠れのせいで。
しかし、第6世代ではガルーラ、ファイアローギルガルド等がヘイトを集める一方、ガブリアスに対する意見は肯定的なものが増えた印象があります。天候弱体化により殆どの個体が鮫肌へと移行し、ストレスの溜まる戦法をとらなくなったガブリアスは、寧ろ上述のポケモン達を狩る頼れるヒーローとなり、いつしかこう呼ばれる様になりました。

ガブリアスは主人公』であると。

7世代に入り、皆さんご存知の様にガブリアスを取り巻く環境は変わりました。何処もかしこも妖精が飛び交う現在では、ガブリアスも逆鱗に触れてる場合ではありません。彼もそろそろ落ち着き、大人なポケモンを目指すべきです。


ガブリアス@ラムの実 陽気
183-182-115-*-106-169
地震 岩雪崩 炎の牙 剣の舞

最近使っているガブリアスです。他の記事でも言っていますが、僕はラムの実が大好きです。そして、妖精環境の今、逆鱗をきって他のサブウェポンを採用するのもアリなのではないでしょうか。上記以外では他の岩技、毒づき、アイアンヘッド等。

ラムの実を持つ事で…
○催眠術や鬼火に怯えることなくゲンガーに地震をぶちこむ。(凍える風が吹いたら避ける)

○胞子を恐れることなくキノコ狩り。

○眠気をスッキリ、剣舞地震カバルドンを確定2発。

○熱湯を浴びつつもドヒドイデをぺしゃんこ。

憎いあん畜生たちを殲滅していきます。

6世代で主人公をつとめたガブリアスですが、第7世代ではその座を明け渡した感があります。しかし、『前作の主人公』って凄く頼りになるポジションですよね。三部のジョセフや、四部の承太郎とか。逆鱗を忘れ、落ち着いた大人の余裕があるガブリアスはまさに『前作の主人公』。頼れるアイツが帰ってきました。
f:id:tak820:20170821005209j:plain


…逆鱗が無くて困ることもあるので、その辺はうまいことやりましょう。

イナバ物置

f:id:tak820:20170820132345p:plain
破れた黒ストッキングがあれば、より色違いメガミミロップっぽかったんですが、流石に全年齢のゲームにそんなアイテムありませんでした。

ミミロップ軸構築を回していて、気になったことを自分の為にもメモ。現在の並び↓
f:id:tak820:20170820141013p:plain

○ポリクチがうざい。クチートは物理ポケ全般に対して高い対面性能を持つし、ポリゴン2はトリルでミミッキュの足を奪ってきます。クチート軸構築は数が多いとは言えませんが、根強い使用者が一定以上居るのも事実です。対策は怠れません。

○やはりと言うか、クレセリアカバルドンドヒドイデといった数値受けが高確率で選出されます。サイクルパーティが多く感じられるため、ミミロップ以外のメンツには崩しの要素を多目に入れる必要があります。

○数値受けの中でも、BD共に高く役割破壊しづらいクレセリアは別格の警戒をするべき。ミミロップ単体では絶対突破出来ないので、そもそも選出しないのも手かもしれないです。

○数値受けの他には、バシャーモやスカーフ持ちでミミロップを倒そうとする人が多かったです。スカーフ持ちは後続の起点にすることも出来ますが、バシャーモは数も多く、大変危険な相手です。出来る限り、パーティ全体で対策を厚くしたいですね。

ミミロップは、思いの外選出しやすい。止まりやすい相手が多くて厳しいかなと思いましたが、『上から等倍で叩ける』『高威力の肝っ玉猫騙し』と言う特徴で、全く仕事が出来ない事は余りありません。それでも崩しの手段が乏しいため、第2のメガ枠を据えた方が構築の完成度は高まるかなー、とも。

メタグロスに分かりやすく有利なのがギルガルドしかいないので、サンダーやカプ・レヒレでうまいこと削らないといけない。逆に半分くらい削れば、飛び膝圏内。

ウルガモスミミロップで倒せなくは無いけど、火傷するから触りたくないです。ガブリアスカプ・レヒレもタイプ的には有利、しかしウルガモスの多彩な型はそれをひっくり返します。『舞わせても、後ろの先制技の圏内に入れる』のが重要っぽい。

また気付いたら書いていきます。

ミミロップ 調整 考察

ミミロップ軸の構築を組むのにあたり、主要なポケモンとのダメージ計算をしようと思います。
現在、使用中のミミロップの調整が、

143(20)-187(244)-115(4)-*-117(4)-203(236)

猫騙し 恩返し 飛び膝蹴り 冷凍パンチ

Hを16n-1、6n-1である143に、Sを準速フェローチェ抜きまで振り、Aを1削りBDに割り振ったものです。
以下、猫騙しを『猫』、恩返しを『恩』、飛び膝蹴りを『膝』、冷凍パンチを『冷』と省略。
めちゃくちゃ長いです。


ミミッキュ

B100ミミッキュに 猫 42-51 恩108-127

皮が剥がれていれば、ミミッキュがかなりHに振っていても猫+恩で倒せます。皮がまだある状態なら猫で剥いでから交代。相手も交換してきそうですが。


メガボーマンダ

B150マンダに 冷144-172 猫28-34

Hにあまり振っていない、威嚇されていないと言う条件下なら、猫+冷で縛れますね。厳しい条件ですが、冷凍パンチさえ持っていれば、最悪起点にはされづらくなります。

★霊獣ランドロス

B110ランドに 冷196-232

A165ランドの地震ミミロップに 82-97

Bに振られていないランドなら一撃ですね。ゴツメランドの場合は、A165地震+ゴツメダメージ2回を超高乱数で耐えます。

メガリザードンX

B131リザXに 猫33-40 膝105-124

対面で勝つことはほぼ不可能なので、猫で削ったら素直に引く。その時メガ進化してくれればラッキー。

★メガリザードン

B98リザYに 猫43-52 恩109-130

耐久に振ってなければほぼ倒せますが、大抵のリザYは耐久調整されてますね。猫の削れが悪いなと思ったら引きましょう。

★カプ・コケコ

B106コケコに 猫42-49 恩102-121

C147コケコのマジシャがミミロップに 116-138

無振りコケコはほぼ確実に猫+恩で縛れます。スカーフで上をとられても、臆病ならマジカルシャインを耐えます。

★メガギャラドス

A207ギャラの+1滝登りがミミロップに121-144

1度舞われても滝登りは耐えるので膝でワンパンです(怯んだら土下座)。問題は未進化の場合。威嚇されて未進化で居座られると厄介なので、出来るだけメガ進化させてからミミロップをぶつけたい。

ギルガルド

B170ギルガに 膝162-192

命中も加味すると、H167ギルガルドを上記で落とせる確率は74.18% 堅え…。キンシの択もあるのでやはり嫌な相手。

ゲッコウガ

B87ゲコに 猫49-58 恩124-147 膝(等倍)157-186

C155ゲコの神通力がミミロップに120-144

『控えめスカーフゲッコウガの神通力』というレアな状況以外なら、よっぽど有利な対面です。

ナットレイ

B151ナットに 膝182-216
B201ナットに 膝138-164

A114ナットのジャイロがミミロップに84-100

『守る』との択になりますが、B無振りなら確一です。HBナットレイの場合でも、A114ジャイロ+鉄の刺ダメージ2回なら耐えます。

★ポリゴン2

B156輝石ポリ2に 猫19-24 膝116-140 恩46-55

猫+膝+恩と攻撃しても確定で落ちないことに戦慄。ポリ2が堅いのか、ミミロップの火力が無いのか。両方かな。

ガブリアス

B115ガブに 冷184-220

A200ガブの逆鱗がミミロップに 118-139
A182ガブの逆鱗がミミロップに 108-127

ぴったり確一です。与ダメは意地逆鱗、陽気逆鱗+鮫肌ダメージ1回までは大体耐えます。

マンムー

A182マンムー地震ミミロップに 90-106
A182マンムーの氷の礫がミミロップに 36-43

襷が潰せず、意地っ張りであると言う条件である場合は怪しいですが、大抵のマンムーには対面から勝てそうです。

★霊獣ボルトロス

B90レボルトに 猫48-57 恩120-142

レボルトは耐久無振りからがっつり振ったもの、スカーフ気合玉まで型が様々なので、安定するとは言い難いですが、猫の削れ具合で型をある程度予測出来ます。例えば、猫で1/3くらい削れたら、あまり耐久に振ってないんだなー、みたいな。

メガゲンガー

B100メガゲンに 猫42-51 恩108-127

耐久無振りなら猫+恩で確定ですが、HSメガゲンの場合はたまに耐えられます。それでも、気合玉か催眠術当てられない限りは倒せますね。

キノガッサ

B100ガッサに 猫42-51 恩108-127

A200ガッサのテクニマッパがミミロップに116-140


襷を先に潰しておくか、猫騙しできれば勝てます。それでも不安な人は、冷凍パンチではなく電光石火を採用しましょう。

メガメタグロス

B170グロスに 膝81-96

A197グロスのアイへがミミロップに 102-120
A197グロスのバレパンがミミロップに 51-61

メタグロスはバレパン、アムハン、思念を持ってると負けます。持っていなければ、膝が半分くらい入るので、何とかなる可能性があります。…かなり厳しいと思いますが。


バシャーモカプ・テテフカバルドンクレセリアドヒドイデあたりは素直に逃げた方が良いかなー…と思いますが、冷凍パンチの枠を変えることで対応出来る可能性が出てきます。例えば…

★電光石火
Sの上がった積みエースに対して、猫+石火で無理矢理削ると言った動きが可能になります。キノガッサマンムーと言った襷+先制技を持つポケモンに対しても有効となります。

★どくどく
物理受けに入れることで、サイクルを有利に出来ます。

★みがわり
鬼火や電磁波を避ける他に、守る、キンシ等で膝を割りにくるバシャーモナットレイヒードランギルガルドと駆け引きすることが出来ます。素早いポケモンのみがわりは強い。

★ともえ投げ
相手の交換、バトンを読んで投げれば、凄く気持ちよくなれそうです。

★アンコール
変化技をアンコールすることで、相手を流す事が出来ます。みがわり同様に、素早いポケモンとの相性が良い技ですね。


ミミロップは火力、耐久ともにカツカツで、考えなしに使って強いポケモンとは言えません。しかし、殆どのポケモンを抜き去る素早さと、通りの良い肝っ玉ノーマル+格闘と言う攻撃範囲があり『上から等倍で叩く』事に関しては右に出るものは居ません。回りのポケモンである程度削りを入れれば、ミミロップが一貫すると言う状況を作ることは充分に可能であると思います。
今はまだミミロップを使い始めたばかりですが、暫く考察を続けていきたいですね。

f:id:tak820:20170816224617p:plain
超かわいい

ミミミミ

f:id:tak820:20170814200537p:plain

お盆休み中、ずっとケンタロスに乗ってました。痔になりそうです。

ミミロップミミッキュ=『ミミミミ構築』 を使おうと思って、ミミロップミミッキュの色違いをゲットしたのは良いものの、中身の考察が全然進んでいません。ミミロップを受けに来るポケモンに呪いを入れて何とかしよう位しか考えてません。たぶん、何とかなりません。

ミミロップが数値受けを呼ぶのは有名なので、ミミッキュの呪い以外にも対抗策を詰め込まなければなりません。カバルドンドヒドイデは以前に考察したラムラティアスで何とかならないかな…と。たぶん、何とかなりません。

この構築最大のメリットは、「見た目」ですね。折角、TN「ことり」でポケモンやってるんですから、出来るだけ可愛いポケモンを使いたいですね。

ここまでに、『ミ』が22回登場しました。テストに出ますよ。

ふかきゆめみし

僕の対戦において、ゲンガーは催眠術を外しません。最速起きもありません。対峙した者を深い夢に誘い、抵抗を許さずに取り殺してしまうのです。

…ただし、催眠術を撃つのは相手のゲンガーです。

催眠術ゲンガー、通称「ピロゲン」は開発されて以来、様々な物議を醸しました。ただ、僕は催眠術ゲンガーの是非を議論する気は端から無く、「メジャーなポケモンであるゲンガーのメジャーな型の1つ」だから、対策をするのは当然だというのが持論です。必然的に、ラムの実の評価は僕の中で、かなり高いです。

○麻痺、混乱、悪戯心の弱体化
○Zクリスタルというパワーアイテムの登場
○フィールドによる対策

これらの要素により、ラムの実は以前と比べて優先度の低いアイテムとなったと言えるかもしれません。

しかし、最初に例に挙げたゲンガー以外にも環境上位には依然としてカバルドンキノガッサ他、状態異常技を仕掛けるポケモンは数多く存在します。
状態異常が嫌われるのはしょうがない事だし、不満もあると思います。ならば、僕はラムの実でドヤ顔する側にまわります。
f:id:tak820:20170807185400p:plain

あさきゆめみし

本拠地、ポケモンスタジアムでのレート戦
先発ローブシンがZ技で出落ち、その後の攻撃も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今シーズンは100敗だな」の声
無言で帰り始めるポケモンの中、ローブシンは独りベンチで泣いていた
第5世代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今のレート環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ローブシンは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ローブシンははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って筋トレをしなくちゃな」ローブシンは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ローブシンはふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出したローブシンが目にしたのは、席を埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのような応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするローブシンの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「ブシン、対戦が始まる、早く行くぞ」声の方に振り返ったローブシンは目を疑った
「バ・・・バンギさん?」  「なんだ赤っ鼻、居眠りでもしてたのか?」
「ボ・・・ボルトコーチ?」  「なんだローブシン、かってにボルトロスさんを引退させやがって」
ラティオスさん・・・」  ローブシンは半分パニックになりながらバトルボックスを見上げた

1:バンギラス 2:ローブシン 3:化身ボルトロス 4:ラティオス 5:ハッサム 6:ガブリアス
暫時、唖然としていたローブシンだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
バンギラスからコンクリートを受け取り、スタジアムを全力疾走するローブシン、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっているローブシンが発見され、ラティオスと化身ボルトロスポケセンで静かに息を引き取った




第5世代好きな僕としては、ローブシンの凋落は悲しいものがあります。
f:id:tak820:20170807002505j:plain

日陰者の青春

サイクルパによく採用されるナットレイを、僕は使えません。宿り木+守る+残飯による陰キャラっぷりが、僕の暗い高校生活3年間を想起させるためです。
所謂「オタクサイクル」を使うのも使われるのも僕は苦手であり、専ら対策する側に回ります。「明るい青春時代を送りたかった」と言う深層心理が影響しているのだと考察しています。


冗談は置いて、試合が長くなりがちな回復を多用するサイクル構築は、1戦しただけで疲労感を覚える僕には向かない戦術です。なので、オタクを殺戮出来るポケモンが居たら是非とも教えて頂きたいですね。

個人的には今ジャローダがアツいので、試してみたいと思います。
ニート特有の宿り木戦術が効かない
○挑発で陰キャを煽る
○天の邪鬼系イケメンである
と言う長所がありますがどうなんでしょうか。失われた青春を取り戻す戦いは続きます。
f:id:tak820:20170729214253p:plain